藤村勇気の総合恋愛会話教材

感情を揺らす会話の間違い

読了までの目安時間:約 4分

 

本日もよくある間違いについて
お話します。



今日お伝えするのは、

"感情を揺らす会話"

についてです。




女性と接する上で大切なのは
感情を揺さぶることだと、
恋愛ができる人なら誰でも言います。



実際、仲の良い友達止まりの人に
足りないのは感情を揺さぶることです。



「じゃあ、感情を揺さぶる会話って何なの?」


という疑問が
浮かび上がってくると
思うのですが、



よく言われるのが、

"褒めていじるを交互に繰り返す"

というやつです。



女性は褒めると喜んでくれるが、
色々な男からも
褒められている場合が多いため、



褒めてばかりいると、
女性は退屈してしまう。



だから、褒めると
いじるを交互に繰り返すことで


プラスとマイナスの感情を行き来するため、
感情を揺さぶることが出来るそうです。



この意見は間違っているわけでもないのですが、
正解のノウハウでもないです。



まず、女性の感情を揺さぶる会話を
するためには何を意識する必要があるのか?



相手の想像を超える



ということを
意識する必要があります。




褒めてつまらないと思われる原因は、
女性の想像の範囲内の褒め方だからです。




想像を超えるような褒め方を
してあげると女性は感動してくれますよ^^




褒めるだけで何回も女性を口説き落として
きているので、間違いありません。



プラスの感情とマイナスの感情に
揺さぶりをかけるために、褒めるといじるを
するという考え方は危険です。




何が危険かというと、
マイナスの感情を与えた時点で
本当に嫌われてしまう可能性があるからです。


そもそも、"いじる"という会話は
難易度が高めです。



テレビに出ている芸人さんが
よくいじって会話が盛り上がっているから
真似する人が増え、



いじることを
推奨するのかもしれませんが、



芸人さんは基本的に、
会話のスペシャリストです。



そのスペシャリストが
"いじる"は高度な技術と
よく言っています。



変にいじると、相手を
不愉快にさせてしまいます。



むやみやたらといじれば
良いということではないんですね。



近いうちに、"間違ったいじり方"に
ついてお話しようと思いますが、



感情を揺さぶるためには
プラスとマイナスに
感情を揺さぶるのではなく、



喜怒哀楽の部分での想像を
超えさせる必要があると
理解してください。

 

会話術   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材教材一覧

TOPへ戻る