藤村勇気の総合恋愛会話教材

口下手さんが聞き上手になれば女性を口説けるのか?

読了までの目安時間:約 6分

 


口がうまい男のほうが
モテそうなのはなんとなくわかっているが、
自分は口下手なので、

口下手なりの戦略を考えた所、
聞き上手になることを頑張ろう!


と考える人は多いですが、実際は、
聞き上手になればモテるというのは本当なのか?


ということについて今日はお話ししていきます。


間違った聞き上手の認識



まず聞き上手の正しい認識について
お話ししておきます。


聞き上手というと、

「相手に質問をして、話をさせれば良い」

とお考えの方は多いのですが、
実はそうではありません。


これだと、相手に無理やり話をさせて、
なんとか会話をつなげようとしてるだけにすぎませんので、
家に帰った時に

「あの人質問はしてくるけど、全然話さないな」

と思われてしまいます。


女性からつまらない男と
言われる典型的な例ですね。


聞き上手というのは、言葉を変えると、
話させ上手ということでもあります。


つまり、相手に気分よく話を
させないといけないんですね。


相手に気分よく話をさせる技術があなたにはありますか?


この技術というのは、実は、話し上手よりも
上のレベルにあるものなんですね。


ですので、実は、聞き上手になるというのは、
話し上手になることよりも
ハードルが高いことなんです。


表面的な部分で、
自分の都合よくとらえると、

「質問をして、話を聞いていれば良い」

なんですが、こんなことをしていても、
女性との仲は深くはならないということです。


口下手の改善方法



僕が今まで見てきた
口下手さんには色々なタイプの方がいました。

・理屈っぽい
・楽しそうに話すことが苦手
・どんな話をしたら良いか分からない
・緊張して、話題が見つからない。


など。


理屈っぽい人や、楽しそうに
話すことが苦手な人は、
自覚がない場合があるので、要注意です。


というのも、自分では

「俺はある程度は話せる」

と思っている人が多いということです。


ですので、あなたが、
積極的に話しているのに、
女性と仲良くなるのに

すごく時間がかかったり、
仲良くなりにくい場合は、

「俺もしかしたら、理屈っぽいのかな?」
「女の子から見て、、つまらなさそうな感じに見えてるのかな?」

と鵜方猪の目を
持つようにしてみてください。

自分を冷静に分析する時は、
このように疑いの目を持つことも
非常に大切です。


女性との話題が思いつかない場合は、
人に無関心な傾向があります。


悪く言えば、相手の容姿にしか
興味のない人に多いです。


ですので、女性に対しての考え方から
変えたほうが良いですね。



緊張してしまう場合は、とにかく、
慣れるまで女性と話すことに尽きます。



口下手を改善するために最初にするべきこと



女性と仲良くなることが
得意ではないと感じてる場合、
一番最初にしてほしいことがあります。


それは、楽しませられる自信が
なくても結構ですので、とにかく、
自分の話を積極的にするようにしましょう。



まず、自分の話を
上手にできるようになれば、
どんな女性に対しても
話せる話題が一つできますよね。


さらに、何回も自分の話をしていると、
面白おかしく話すこともできるようになってきますので、
女の子も

「私もねこの前ね・・・」

というように話してきてくれて、
結果的に会話が弾むようになります。


口下手だから、
聞き役に回るのではなく、

口下手だからこそ、
しっかりと話せる男になろう!

と考えるようにしてください。


そのためには、千里の道も
一歩からという言葉があるように、

まずは、歩かないことには、
ずっと口下手なままですので、
とにかく、積極的に話すことを心掛けてください。


話題がないというのであれば、
自分の話で良いのでするようにしてください。

沈黙から逃げないこと。


まずはこの気持ちを持つことが、
明るい未来を作り上げる第一歩ですよ^^


口下手さんでも結果が出ているノウハウが、
藤村勇気の総合恋愛会話教材です。



口下手さんのために作られた教材と
断言しても良いですからね。


まあ、自分を変えるための
強い意志と努力は必要ですが、


このノウハウを知っていれば、
空回りして無駄な努力をすることはなくなるので、
自力で環境を変えられる自信がないようでしたら、
ぜひご購入を検討してみてください。


レビューも載せておきます。


総合恋愛会話教材のレビューはこちら

 

会話術   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材教材一覧

TOPへ戻る