藤村勇気の総合恋愛会話教材

女の子が家に入れてくれました

読了までの目安時間:約 3分

 

会話教材のご購入者さんの
生のご感想を掲載します。







なんでこんな時間なのかはさっき帰ってきたからです。

しかも女の子の家から。。。
やってしまいました、朝帰り?昼帰り?^^

藤村さんからのアドバイスを元に昨日の花火大会に挑んだんですけど
あまりの花火の綺麗さに心奪われ、花火中はキスできませんでした。T_T

”しまったなぁ~”と思いながらも、女の子がとても喜んでたんで”まっ、いっか。”と
考え帰路についてたんですけど、あまりの人の多さに全く動けず。

女の子から”帰れる?”と聞かれ”無理だったらカプセルホテルにでも泊まる”と
返したら”じゃあ、家に泊まる?”と。

戸惑いながらもあれよあれよという間に
気がついたら女の子の部屋のベッドの上で二人でキスしてました^^

疲れてたのとコンドーさんを持ってなかったんで、エッチはしませんでしたけど
1時間以上キスしたり抱き合ったりしてました。


自分が女の子の部屋にいてしかもベッドの上でキスをしてるというのが、
なんとも不思議な感じがしました^^

最初に軽くキスした後、

”私のことどう思ってるの?”→”本気だよ”→”でも告白とかされてない”→
”僕はAちゃんのことが好き”

という感じの流れだったんですけどどうでしょうか?


最初はちょっと女の子は構えてたんですけど、
最終的には腕枕要求からの甘えたちゃんになってました^^


1つ階段を登れた気がします。^^
藤村さんありがとうございます!!

これからもよろしくお願いします^^


僕も、女の子の部屋に初めて入れた時、

めちゃくちゃ嬉しかったなーと、思い出したり出来、

すごく、新鮮な気持ちになれました。




キスがしたいけど、出来なかったというミスも
コンド─ムがなかったというミスも、


全ての恋愛のミスは、恋愛が上手くなった時、
笑える過去のチャラ話として使えますので、心配ないです^^


これからも、もっと、恋愛を通した幸せを
味わって欲しいなと思います。

 

ご購入者様のお声   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材教材一覧

TOPへ戻る