藤村勇気の総合恋愛会話教材

キャバクラで会話教材を実践した時の話

読了までの目安時間:約 3分

 



大阪のキャバクラに行った時の話を
しようと思います。



藤村勇気さんと一緒に行きました。


藤村さんの隣には、NO.2の子がつき、
僕のとなりには、ナンバー3の子がつきました。


藤村さんのほうをふと見ると、



「今から口説いても良い^^?」


なんて言いながら、最後は店内でキスをしていました・・・・・。



まあ、今回は藤村さんの話はどうでも良いです。


なぜか?



何度も藤村さんとキャバクラには行ってるので、
もうイヤと言うほど見慣れた光景だからです。


それよりも、今回は僕についた女の子を
どうやって口説いたのかをお話します。



勿論、総合恋愛会話教材を実践したわけですが、
藤村勇気の会話教材のに書かれている会話の割合とを強く意識しました。


あらかじめ言っておきますが、キャバクラは


・マインドの章
・会話のイケメンの章
・褒めるテクニックを極める章
・ユーモアテクニックを極める章
・ミステリアスの章
・応用編の章
・ノンバーバルコミュニケーションの章



上記の章を一通りマスターしておかないと厳しい場所です。



だから、総合恋愛会話教材を
使ってキャバ嬢を口説くことは可能なんですけど、
上記で挙げた章を習得していることが大前提になります。



ただ、上記で挙げた章をマスターしていると
本来は口説くことが難しいとされているキャバクラであっても、
簡単に出会いは作り出せるということでもあります。



キャバクラは、攻略の難易度が上がる分、
女の子のレベルも上がります。



参照:キャバクラで会話教材を実践した時の話



普通に生きていたら
出会うことができないレベルの女の子とも
出会うことも出来ます。



お店選びは大切ですが、
モデルのような女の子も普通に
働いているのがキャバクラですから。



せっかく男に生まれてきたわけですから、
一度ぐらいは、店内でキャバ嬢を口説き落とす
快感を味わってほしいなと思います^^

 

経験談   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材教材一覧

TOPへ戻る