藤村勇気の総合恋愛会話教材

エロエロダンサー系ギャルをお持ち帰りした話

読了までの目安時間:約 6分

 

今日は、年末にクラブでお持ち帰りをした時の
お話をしようと思います。


普段は、あんまりクラブは行かないのですが、
この日は年末ということもあって、友達と
行ってきました。


「年末のクラブは熱い!」


というのは、以前から噂では聞いてましたが、
実際はどうなんだろうなとは思っていましたが、
カウントダウンの熱さを実感することになりました。


あんまり、早めに行っても仕方ないので
10時半ぐらいから行ったのですが、
友達がなぜか、席を用意していたみたいです。


いわゆる、安めのVIP席みたいなものなんだと思いますが、
キャバクラのように女の子が流れてきます。


店員さんがどうやら呼んでくれているみたいです。


そして、しばらく話をしたりしていたのですが、
爆音で、耳を近づけて話をしないといけないのが
めんどくさかったです。


ただ、そのおかげで近い距離で話ができて
食いつきも中々の好感触です。


で、しばらく話していたら「踊ってくる」といって、
席を立って踊りにいきました。


結構、VIP席だとよくあることみたいですが、
内心「VIP席ってあまり意味ないんじゃ・・・」と
一瞬思いましたが、盛り上がる子の場合は、すごく盛り上がるんですよ。



なにせ3回目のグループの女の子たちはノリノリでしたからね。



フルーツの盛り合わせにシャンパンと
女ウケは抜群で、友達はポッキーを端っこから
食べて最後チューみたいになるやつやってました。


そして、僕はというと、
フルーツの口移しです。


お酒が入っていないと、
口移しとかあんまりしたくないですが、
舌を絡めてきて超エロかったです。


おっぱいも、モミモミしましたが、
Gカップぐらいありました。


ただ、この子は次の日が仕事らしく
2時ぐらいに帰ったのですが、


友達のほうをみると思いっきり女の子と
ディープキスをしながら、内股に手を入れていました。


そして、僕に
「抜けるから、そっちはそっちで頑張れ」
という言葉を残して、女の子と一緒にクラブを出ていきました・・・・・・


残された僕は、席に座っていてもラチが
あかないと思ったので、一人でナンパを始めました。


すると、一番最初に飲んだ子達がいても、
「カウントダウンの乾杯しよー」ということで、
残っていたシャンパン全部飲みました。


で、この子の友達が絶妙なエロさをかもしだしていました。


アンジェりなージョリーみたいな唇が特にエロかったです。

Screenshot_2014-09-27-01-10-51

この唇でフ●ラしてもらったら、
それはさぞかしい気持ちいいんだろうな・・・・


なんて考えていたら、どうしてもこの子とエッチしたくなったんです。


で、どうにかセックスできないかなと
飲みながら考えていたら、信じられないことが起こりました。


お酒で酔っていて、あまり覚えていないのですが
上記の女の子が僕の右の内股に手を置いてきたんですね。


これを僕は脈アリサインだと予測しました。


そして、左側にいる女の子は、僕の腕にもたれかかっているような
状態になったんです。


「今日は、もしかしたら、3Pコースかな」


とも思ったんですが、ここは確実にいこうと思い、
右側のエロい唇の子にフェラチオをしてもらおうと思い、
「これから、どうした?」と聞くと、


「二人になりたい」と言ってきたので、
「それじゃあ、二人になる方法一緒に考えよう。とりあえず飲みに行こう」
ということで、外に出て、三人でバーに行きました。


バーではバーの雰囲気に合わせて、
落ち着いた話をしていました。


で、30分ぐらい飲んでいると、
片方の女の子が「そろそろ帰る」
と言って帰ったので、あとはそのまま二人でホテルへ向かいました。


この子は、ものすごく潮を吹く子ですんごく
スケベでした。



今回は、トークがあまりできないクラブからの
スタートでしたが、


やはり、ユーモアと流れを意識することは
すごく大切なことだなと、改めて思いました。


翌日、友達に「お持ち帰りできた?」ってきかえれて
「できたよ^^」って答えたら「あの状況からスゲーな!」って
言われました。


僕としては、何も特別なことを意識したわけでもなく、
会話教材の、ユーモアの章と恋愛戦略の章を意識しただけなんですけどね^^



強引なボディータッチで無理やりセックスに
持ち込もうとする男がクラブには多いですが、


楽しませるスキルがあれば、そんなことしなくても
セックスできるんです。

 

経験談   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材教材一覧

TOPへ戻る