藤村勇気の総合恋愛会話教材

オウム返しで嫌われてしまう理由

読了までの目安時間:約 6分

 



「女性と何を話して良いか分からない人はまず、オウム返しをしたら、会話が弾みやすくなりますよ」

このように教えを聞いたことがありませんか?


僕の読者さんからご相談される方には、
この教えを信じて、
実際に実践している人が少なからずいます。


上手くいっていれば、何も問題はないのですが、
この教えを信じたのに、女性との関係が
悪くなってしまう方もいらっしゃいます。


ですので、今回は、オウム返しをして
嫌われてしまう原因についてお話ししておきます。


オウム返しとは?


オウム返しというのは、
例えば、


 
どこに行く?


 
どこ行こうか?




というような会話のことですね。

心理学的な言葉を使うなら、
バックドラッキングという言葉にも
置き換えることが出来ます。


たいていは、この会話法を教える場合は、

バックドラッキングという心理学でも
使われている手法があります。
簡単に言ってしまえば、オウム返しなのですが、
それをすることで、女性との会話が弾みやすくなります。



というように語られることが多いです。


オウム返しをされた女性心理


実際問題、このオウム返しをされた女性は
どういう気持ちになるのか?

これは、正直人によるのですが、
僕がオウム返しを何回かした場合は、

 
あなたと話しているとなんだかつまらないわ



と思われてしまう可能性が
ものすごく高くなります。


ですから、僕は、オウム返しをしません。

じゃあ、なぜ、「つまらない男」だと
思われてしまうのかというと、
女性から、興味を持たれていないからです。


例えば、普通にデートに誘っても
応じてくれなかた女性が、

「おいしいご飯屋さんがあるから、今度行かない?」

というお誘いをしたら、OKが取れた場合、
女性はおいしいご飯を
奢ってもらえるという理由で来てくれます。

ですから、このような関係性で、
オウム返しをしていると、

「この男は本当につまらないな」

と思われてしまうということです。で


すから、オウム返しをやめて、
こちらがしっかり、女性との会話も
エスコートして盛り上げてあげる必要があるんです。


簡単に言ってしまうと、
疲れる役は男側であるべきということです。


オウム返しで好感触を持たれる場合



ですが、世の中には、
オウム返しをしていてもモテる人もいます。

・タレント
・イケメン
・既に女性から好意を持たれている男性

などです。


この場合、全てに言えることは、
男性側が、女性に興味や好意を
持たれているということです。


既に好意を持たれている場合は、
疲れる立場に女性が回っても、

それを苦痛とも思いませんし、むしろ、

「話してくれて嬉しい」

みたいな気持ちになるんですね。

簡単に言ってしまうと、デートをする前から、
その女性にモテている状況の人は、
オウム返しでも好感触を持たれるということです。


さて、ここで質問ですが、
上記の話をきいて、あなたは、
オウム返しをして良い側ですか?


それともしないほうが良い側ですか?


オウム返しをしても良い側

だと判断されましたら、
僕からアドバイスすることは全くないので、
そのまま女性とのデートを
続けてくれればと思います。


ですが、もし、モテないと判断されたなら、
今後は、オウム返しを推奨する人の言葉には
耳を傾けるのには辞めましょう。


大体、この手の話をする人は、
聞き上手になる方法などについても
お話ししていたりするのですが、
そういうのも無視してください。


オウム返しというのは基本的に、
女性にとってはつまらない会話です。

イケメンでもないのに、
こんな会話をしていては
モテるわけがないんです。


ですから、女性を楽しませる技術を
学ぶようにしてください。

それじゃあ、女性を楽しませるためには
どうすればよいのか?


ということですが、
総合恋愛会話教材で勉強してみてください。


一回、5千円のデートを、
6回しただけで元が取れる金額です。


自力で、会話の勉強をされるのも良いですが、
そのためには、何回デートに失敗をしたら
成功できそうなのか?


答えが見つかりそうなのかを、
一度紙にでも書いて分析してみてください。


そして、教材で勉強されたほうが
効率的だと判断された場合は、


こちらの購入者さんのお声も
ぜひご覧になったうえで、
総合恋愛会話教材のご購入を検討してみてください^^


ご購入者様のお声


総合恋愛会話教材の販売ページはこちら

 

会話の基本   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材教材一覧

TOPへ戻る