藤村勇気の総合恋愛会話教材

基礎をおろそかにする人の末路

読了までの目安時間:約 4分

 



いきなりですが、基礎ってかなり大切です。


基礎がしっかりしていえれば、レベルの高い競争になった時でも
勝ち組でいられるからです。


これは恋愛でなくても何事においてもそうですね。


恋愛の場合は、基礎をおろそかにし、
テクニックばかりに目を向けようとする人がいます。


早く結果を出したいという気持ちを持つことは
悪いことではありません。



ただ、自分の成長を無視するのはよくないです。


自分の成長を無視する=即効性のあるテクニックに依存する


この思考のことです。


テクニックというのは、女性と
仲良くなった後で使うという前提があるのですが、


テクニックを使うことばかりに
注意がいっている人ほど、
女性と仲良くなるスキルが
ない場合が多いんですね。


結果的に、これだとテクニックを使う機会がありません。


ですが、テクニックを
使ってはいけないタイミングで
使い失敗する人が多いです。


同じような失敗をすることが多い人は、
テクニックに依存してしまている思考に
なっている可能性が非常に高いです。


まずは、基礎能力をつけましょう。


基礎を極めることこそが、
勝ち組に這い上がる最短ルートです。


恋愛では、魅力的なライバルがいたり、
魅力的な女性が相手だったりする場合、


基礎がしっかり出来ていないと
確実に上手くいかないです。



自分よりもトーク力がある男がライバルにいる場合、
会話以外で魅力を見せていけば良いと
考えているかもしれませんが、
僕はこの考えはやめたほうが良いと思います。



こんな考えで勝てるほど、
魅力的なライバルたちは優しくないです。



まあ、納得がいかない場合は、
ライバルの多い場所で女の子を
取り合ってみたら良いと思います^^



女性が失恋直後で口説きやすい状況でも、
ライバルが強力だと、負けます。


例えば、悩みを聞いたり、愚痴を聞いたり
して親近感をわかせるというテクニックがありますが、


会話が上手な男はこういう
テクニックは使いません。


悩みを聞かなくても、
自分のトーク力で、女の子を


ポジティブな気持ちに
させることができるからです。


ちなみに言うと、愚痴を聞いたり
悩みを聞いて、親近感をわかせるという
いわゆる聞き手に回る手法というのは、


口下手さんでも実践できる分、
効力も弱いのが事実です。


モテる女性の場合は、
愚痴を聞いてくれる男は
腐るほどいます。


あなたじゃなくても良いわけです。



ですから、聞き手に回るだけでは
差別化はできないわけです。


結局、上玉の女を狙っていくためには、
強いライバルに勝たないといけません。


恋愛経験豊富な女にも"初めて"の
経験をさせないといけません。



そのためにはどうすれば良いの?


基礎能力をあげた上で、テクニックを使う。


というのが正解です。

 

マインド   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材教材一覧

TOPへ戻る