藤村勇気の総合恋愛会話教材

LINEのやりとりとデート時の女性の態度が違う理由

読了までの目安時間:約 5分

 

僕の経験上、LINEのやりとりをしていていやでも、
会話力の必要性を感じてしまう瞬間があります。



それは、どういう時か?


よくある悩みと並行して
お答えしていきます。


■会っている時のキャラとLINEでのキャラに違和感を感じられてしまう



メール術をずっと実践していると
今まで自分が送っていたLINEとは
全く違う内容になっているはずです。



ということは、当然ですが
女性の反応も変わってくるのですが、


会うことになった時に、女性の
反応がLINEのやりとり時よりも悪かったり、
テンションが低かったりすることがあります。



この原因は、LINEのやりとりをしている時の
女性から見たあなたのイメージと、
実際にあった時のイメージが違うという所にあります。


LINEの中では、ユーモアがあって
優しくて面白いイメージだったけど、



実際に会ったら、思っているよりも
口下手な人だった・・・



こういうマイナスギャップがあった場合は、
当然、印象が悪くなります。



デートの後音信不通になったり、
レスポンスや悪くなったり、
反応がそっけなくなったりする原因は
大体がこれです。



女性の期待に応えられるほど
楽しませられなかった。



自分の実力以上に、女性の
期待値をあげてしまった。



デートの経験が少なく、
ネットを中心に出会いを増やしている方が
よく陥ってしまう傾向です。



会う前に口説くことが
多くの恋愛コンサルタントにウケない理由も
ここにあります。


「どうせ、会ったら口説かないといけないから、LINEでどうこうしようとするだけ無駄」


みたいな。



誤解のないようにお話しておきますが、
LINEでのコミュニケーションが必須の今の時代、


LINEが下手だとそもそもデートを
することすらできません。



ですので、LINEのスキルを
磨くことは大切です。



ただ、LINEだけでも
会った後にがっかりさせて失敗する
ケースが多いのも事実ですから、


LINEのやりとりをしている時の
あなたのイメージ。



実際に会った時の
あなたのイメージ。



ここに違和感を無くし、
一貫性を持たせられるようにしましょう。



LINEでは、ユーモアのある男という
イメージを持たれているなら、


実際に会っている時も、
ユーモアのある男というイメージを
持たれるようにしたら良いんです。



イメージというのは、
会話力次第でどうにでもなります。



会話力がないことと
口下手なイメージ以外の
イメージを与えることはできません。



昨日も、口下手を改善することから
逃げる選択はしないというお話をしましたが、


実際問題、口下手でも、
恋愛に不自由しない状況というのは、


貴族のようなハーレム接待を受けられる状況か
会う前から好意を持たれている状況のみです。



貴族のような環境は、
生きているほとんどの人が実現できません。



会う前に好意を持たれるためには、


・芸能人がファンを入れ食いするみたいな環境を作るか

・LINEのやりとりで好きにさせるか


どちらかです。



自分のファンを作れる環境にいれば、
僕のメールはご覧になっていないはずです。



ですので、結果的には、
口下手で恋愛に成功する状況というのは、



【LINEのやりとりで会う前に好きにさせておく】



ということになるのですが、
これがすぐに実現できることではないから
僕は会話力を磨いたほうが良いと思うんですね。



会話力は、容姿の問題と違い
努力次第でどこまででも
伸ばすことが出来ます。



努力で解決できることから
逃げてばかりいると、


1年後も2年後も今と全く
変わらない状況かもしれませんよ。



他人事ではないお話なので、
会話力を磨く重要性について
ちゃんと考えてくださいね。

 

総合恋愛会話教材の質問   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材教材一覧

TOPへ戻る