藤村勇気の総合恋愛会話教材

自己開示をしているのに女性との距離が縮まらない理由

読了までの目安時間:約 5分

 


相手に心を開いてもらうために、
自分のことを沢山話したのですが、
仲良くなれない・・・とお悩みの男性は少なくありません。

もしかしたら、あなたもその一人でしたか^^

今回は、自己開示したのに、
なぜうまくいかないののか?

その原因の追求と解決策についてお伝えしていきます。


自己開示をしているのに上手くいかない理由


これは、自己開示に限らず、

「○○という心理テクニックを使えば、女性との距離を縮められるとネットに書いてあった」

という理由で失敗する人がほとんどです。


それじゃあ、なぜ、失敗するかというと、
中途半端な知識だけを身に着けて、
本質を全く理解できていないからです。


自己開示の場合だと、ネット上には、

「自己開示をすることで、えたいの知れない男のイメージを脱出し、信用してもらうことができる」

と言うように書かれていたと思います。

ですが、実際は、このテクニックは、
女性が自分に興味を持ってくれている状態で
使うからこそ意味があります。


例えば、イケメンにアプローチをされた女性は、

 
イケメンだけど、色んな女の子にちょっかい出してそうだな



と考えることが多いです。


相手の女性がこのような気持ちの時は
自己開示は意味があります。


もしくは、会話で女性を楽しませることが
出来ている場合も

 
この人、楽しいしいい人だけど、色んな女の子を口説いてそうだな


と感じられる可能性がすごく高いです。

ですので、

「いろんな子に手を出してるんでしょ」

というような言葉を
言われたりしたときなどに、
自己開示は有効ということです。


ですが、まだ、興味を持たれていない時に
自己開示をしても、相手の女性に魅力的だと
思われなければ、興味は持ってくれませんし、
距離が縮まることもないということです。



ですので、自己開示は、
女性の心を開くための方法ではなく、

自分に興味を持ってくれている女性に
心を開いてもらいやすくする方法
だと理解してください。


失敗する自己開示の例



この前提を忘れて、よくやってしまう失敗が、
常に女性に対して、自己開示をし、
心を開かせようとするということです。



出会いが多ければ、当然、
興味を持ってくれる女性もいますので、
その女性の場合は、上手くいきます。


ですが、失敗することの方が多いです。

つまり、失敗と成功の繰り返しになるため、
いつまでたっても狙って女性を
口説くことはできないということです。


これは、相手の立場になってみれば、分かります。


自分が興味の無い女性から、
自分の話を延々と聞かされると、
正直、ウンザリしてくると思います。



正しい自己開示の使い方



それでは、自己開示はどうやって
使えっていけば良いかというと、
女性が自分に興味を持ってくれたと
確信できたときにしていくようにしましょう。


そうすることで、
一気に親近感も沸きますし、
警戒心も解けます。


結論としては、相手が自分に
興味を持ってくれているか分からない時は、
自己開示はしなくて良いということです。



大切なことは、自己開示ではなく、
相手を笑顔にさせることです。


相手をどれだけ長時間笑顔に
させられるかということは、
自己開示よりも大切なことです。


【相手がどんな話題を出してきても、楽しませられる会話力】

を持ちましょう。


やり方が分からないなら、
藤村さんの総合恋愛会話教材で勉強してください。






藤村勇気の総合恋愛会話教材ご購入者様のお声

 

女性心理   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材教材一覧

TOPへ戻る